さらに新しい提携先を追加しました!Santhigiri(シャンティギリ)

こんにちは。南インド海外インターンシップ専門のG-intern、スタッフのメグミです。 今回も新しいパートナーと提携しましたのでご案内させてください。 こちらはSanthigiri僧院で南インド、ケララ州トリバンドラムに慈善団体の総本山があります。 地域社会貢献の活動を広く行っていて、広大な敷地で自給自足の生活を可能にしています。 トリバンドラムにあるこの施設は広大な300エーカー(東京ドーム26個分)の土地に、アーユルヴェーダ病院、アーユルヴェーダ大学、学校、レストラン、僧院、農場、製薬工場などがあります。有機栽培の農場で作られる野菜の販売所、レストラン、病院等のおかげで地域のたくさんの人が日々の生活に恩恵を受けています。このプログラムでは、この施設で様々なボランティア活動を体験することが出来ます。 ここでのプログラムの活動は大きく3つあります。 1、毎日1000人以上の人にランチを無料提供しているコミュニティキッチンでの 配給のお手伝い。 2、有機栽培している農場での農業ボランティア 3、僧院のお掃除のお手伝い プログラムに参加している期間はオプションサービスとして毎朝、ヨガのクラスに参加できます。 また、アーユルヴェーダ大学や、農園、薬草ハーブ栽培所それぞれに教授や専門家がいるので 興味があれば話を聞いて、たくさんの学びが出来ることもおすすめポイントです。 この広大な敷地内で生活の全てがまかなえ、インターンの方の宿泊施設も併設しているので、インド生活に不安がある方も安心・安全に挑戦することができます。 気になる方はまずはお問い合わせください。

南インド、ケララ州の慈善団体施設でボランティア活動!体験談、パート1

私は 2017 年 9 月にケララ州のトリバァンドラムにある SaiGramam という施設で約 2 週 間過ごしました。SaiGramam がどんなところで、またどんな経験をしたのかを書いていき たいと思います。 まず、SaiGramam とは非常に大きな非営利の慈善事業団体でその施設内には孤児院・学 校・寺・老人ホーム・食堂など非常に多くの施設あり、小さな村といった方が正しいかもし れません(笑)自然に囲まれていて、そこら中にバナナやマンゴー、パパイヤ、ヤシの木が 生い茂ってるんです。 そして驚いたことは孤児院や老人ホームといっても日本のように子供たちの面倒を見たり お世話をしたりするような先生やお母さん的な存在の方はいません。 小さな子達もみんな自分たちで朝起きて食事をして学校に行きます。また孤児院で生活し ている子達には大体年代的に分けて 3 つのグループがありました。 1つ目は 5 歳くらいの達から小学生くらい!この子たちは SaiGramam の敷地内にある学 校に通っています。 2 つ目は中学生から高校生ぐらいです!この子たちは SaiGramam の外にある学校に通っ ています。 3 つ目は外の学校を卒業した子達です。この子たちは大学に進学している子もいれば SaiGramam で働いていたり、シェフになるために料理学校に行っている子もいます。 そして孤児院の子達だけではなく食堂で働いているシェフやドライバー、学校の先生や老 人ホームのおじいちゃんやおばあちゃんお寺の人など、とにかくたくさんの人たちが SaiGramam で生活しており、また外部の人たちでも食堂に無料でご飯を食べにこれるので 初日はあまりのコミュニティの大きさに驚きました。 それに日本人はもちろん異国人が私だけなので珍しいのかみんなものすごく見てくるんで す(笑)   他にもインドでの生活は驚きの連続でした。インドってホントに朝・昼・晩カレーなんで す!そしてもちろんスプーンなんて使いません!みんな手で食べます。初めの 2 日くらい はスプーンを貸してくれてたんですが、みんなと仲良くなってみんなで一緒にご飯を食べ るようになると「あこはスプーンなんか使ってるから食べるのが遅いんだよ!手で食べた ほうが美味しいし、ここインドだし、今日からスプーンなしね♪笑」といってスプーンを奪 われて私も手で食べるようになりました。初めは難しくて苦戦してたけれど、「こうだよ! こうやってカレーと混ぜて」などと言ってみんな教えてくれて、ワイワイしゃべりながら食 […]