Divine Children’s Homeでのインターンシップ体験談。パート1

こんにちは。私は、ケララ州・トリバンドラムの孤児院 Divine children’s homeで 子どもたちとふれあうインターンシップに参加しました。 2週間という短い期間でしたが、そこで私が体験したことをご紹介します。 施設に到着したのは、月曜の朝。 子供達は学校に行っていて、出迎えてくれたのは マザーのアリスさん(子供たちからはアンマと慕われています)とアシスタントの男性。 そして、学校をすでに卒業して、料理や家事を手伝っている年上の子供達 数人。 ​子どもたちの朝はとても早く、 5時半にはみんな1階に降りてきて、掃除や朝食の準備、朝のお祈りをして、朝食です。 8時半に専用スクールバスが施設の前にやってきて、 私たちは子供たちと一緒にバスに乗ってお見送りに行けます。 子供たちは車内で歌ったり騒いだりけんかしたり、朝から本当に元気。 子どもたちは男女、年齢別に違う学校に通います。 お昼15時半になって、専用のスクールバスがまた施設の前に止まるので、 そのバスに乗って授業を終えた子供達を迎えにいっていました。 施設の子供達は全員で40人弱。 女の子が多くて、男の子は10人くらい。 10歳前後の子が一番多いように感じます。 帰宅したあとの子供たちは、おやつを食べ終わったら、 洋服を洗濯したり、宿題したり、遊んだり、シャワーを浴びたりする自由な時間です。 夜のお祈りが始まるまではおもいおもいの時間を過ごします。 私は、その時間に子供達にボリウッドダンスを教えてもらって、 子供達が学校に行ってる昼間に練習してました。 子供達が歌とダンスが大好き! たびたびボリウッドダンスやオリジナルの歌を披露してくれるし、(かなりハイレベル) 超とつぜんに、ここで一曲!と日本の曲を歌うようふってきたりします。 プログラムが始まって2日目。 子供たちに英語を教えられるかな…と思っていましたが 逆に子供たちにマラヤラム語を教わることに。 数字や、お父さんお母さんなど、簡単な単語を10単語くらい書かれた紙を渡されて 毎日テストするから勉強するように!といわれました。 子どもたちは、英語を必要としていないような気がしました。 話せるにこしたことはないけれど、話せなくても全く不自由しない環境にいるからです。 日本と少し似ていると思いました。 お祈りが終わって、夕食を食べた後は、みんな部屋に戻って宿題をして、就寝です。 週に1、2回、他団体が訪れて夕食の寄付をしてくれる日もありました。 アリスさんは、現在施設は寄付以外の収入がないと言っていたので、すごくありがたがっているようでした。 施設のご飯はどれもスパイシーですがおいしかったです!少しだけレシピも教わりました。 平日はだいたいこんな風にして過ごしていました。次に続きます。

提携先のDivineChildren’sHome(孤児院)に訪問してきました。

こんにちは、G-internのインターンシップ担当スタッフのメグミです。 先日、G-internの提携先の1つ、DivineChildren’sHomeを訪問してきました。 DivineChildren’sHomeは私達のオフィスのある、南インド、ケララ州トリバンドラムにある孤児院です。親のいない子供や、親に養育能力がない子供を受け入れて擁護している施設です。 オーナーのAliceさんが運営をされていて、裁縫仕事や外部からの寄付金で生計を立てています。 オーナーのAliceさん 現在、4歳から17歳までの子供達、約40名が一緒に生活をしているそうです。私が訪ねた時間は、子供達が学校に行っている時間だったので、子供達には会うことは出来ませんでしたが、施設内を案内してもらいました。 玄関を開けると、大きな多目的ホールがあります。ここで、みんなで食事をしたり、遊んだり、テレビを見たり、出来るようになっています。2階には子供達のお部屋があって、廊下には勉強机がズラッと並んでいました。 多目的ホール。食堂・集会場・遊び場   キッチンはとても広い作りになっていて、料理のスタッフだけでなく、子供達もみんなで協力しながら準備をしている様子が伺えます。 キッチン Aliceさんは、毎年日本に学生さんにこの施設でのプログラムに参加してもらっているために、子供達はいくつかの日本の遊びや日本語を知っているのよ、とおっしゃっていました。そして、それが子供達にとってとてもいい思い出になっているそうです。 このDivineChildren’sHomeで、子供達のお世話やスタッフのお手伝いをしてもらえるボランティアプログラムを通年を通して募集しています。どうぞ宜しくお願いします。

インド ケララ州で子供達と共にボランティア・インターンシップ!

インド ケララ州 Divine children’s Homeで住み込みボランティアに参加中の森本葵です! 私が実際に行なったボランティアの内容についてご紹介します!子供達が学校へ行っている間は、掃除、食事、またその他頼まれたことなどを行いました。食事の用意ではジャガイモのカットや、豆剥きなど料理に大量に必要な食材を調理する手伝いを行いました。豆剥きは見た目によらず、かなり大変でとても根気のいる作業でした。指も痛くなるぐらいの量。25~30人いる生徒用の量です。料理の大変さが身にしみました。日本でしてきたように他の野菜のカットも手伝いました。 子供達が帰ってくると、一緒に勉強を行いました。教科書とノートを広げて、皆真剣に勉強を始めます。大きな子は小さな子に教える。時には怒りながら。大人数のワイワイしながらの勉強も楽しそうでした。 そんな勉強の中、びっくりしたことがあります。それは何かと言うと、彼らの教科書の中に日本の事が載っていた事です。もちろん彼らの言葉で書かれていたのですが、広島と長崎の原爆について書かれていました。彼らは仕切りに、広島!広島!長崎!と連呼していましたが爆弾怖い!とも言っていた事からその恐ろしさも理解していたのでしょう。日本の原爆の事件、歴史の大きさをインドで目にすることでみにしみました。 ただ、そんな中面白いお話しがあります。それは、その広島の原爆の中に佐々木さだこさんが織ったツルの笑顔書かれていたのですが、なんと彼らはそのツルの事を佐々木!さだこ!と覚えていました。その後も何度も折り紙でツルを織ってくれとせがむ時にササキ!サダコ!と叫んでいました。みんな、違うよ。それはただのツルだよ。言葉や歴史の伝達ってどこかで歯車が微かにズレるだけでだいぶ代わったものになりますね。正確に伝えるの難しい。。。