バンガロールで地元の人との交流

こんにちは!インド・バンガロールのGeoCom Consulting Pvt. Ltd.でインターン中の渡辺りえです!

バンガロールはビジネス街なので、観光客はいません。かといって私の勤務先周辺はオフィス街ではないので、外国人ビジネスマンも見かけません。だから日本人は珍しいのかな?歩いているだけで物凄い視線を感じます。ここでは自分は外国人なんだなぁと実感。私はバンガロールのショッピング街として有名なMGロードを目指していました。(本当はシティ・マーケットという下町的な所に行きたいんだけど、とインド人の方に聞いたら、汚くてうるさいからMGロードに行け。と言われたという経緯がありますが。地元民にそこまで言わせるとは。笑)マジェスティクというバスターミナルに降り立ち、リキシャでMGロードを目指します。

カボン公園までたどり着くと突然「日本人の方ですか?」と息子さんを連れたインド人紳士に話しかけられました。「MGロードに行くなら車で送りますよ!」「それは助かります!」(即答) ということで息子さんのレンタルサイクリングを一緒に見守ることにしました。まだ午前中。時間はたっぷりあります。が、あれよあれよと話が進み、最終的に「うちくる?!お昼もご馳走しますよ!」「それは助かります!!」(即答) メキシコ料理をご馳走になりました。店員さんの衣装が素敵です。パンナコッタ、美味しすぎました。ベジタリアンになろうかと思いました。

その後、本当にご自宅にご招待いただき、子供達と遊んで、サンスクリット語に造詣の深いお父様の車で私の滞在先まで送って頂きました。MGロードは車窓見学です(笑)行き当たりばったりもいいものですね。皆さんも、たまには徒歩で目的地を目指してみてはいかがでしょうか。素敵な出会いがあるかもしれませんよ!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *