SEIREI ASHA BHAVAN

セイレイ アシャ バヴァンは、知的障害者のリハビリ、職業訓練をサポートしている福祉施設です。運営資金は地域の人や企業からの寄付で運営されています。
創設者のエイブラハムさんは、過去に日本の福祉施設、病院で学んだことがあり、日本のソーシャルワークの現状に感動し、インドに帰国後その経験を生かし、1989年にこの施設を始めました。
当初は資金やスタッフの確保など運営に大変なご苦労をされたそうですが、今では地域の人々と企業との相互の協力関係によって利用者も利用者の家族も施設のスタッフも快適に生活をしています。

プログラム内容

業務内容

  • 福祉施設の運営のアシスタント
  • スタッフのサポート

勤務時間

9:00-18:00(お昼休憩1時間)

基本週5日、土日インドの休日はお休み


求められるスキル

  • 元気がある方
  • 社会・福祉に関心がある方
  • 言語が異なっても積極的にコミュニケーションがとれる方

プログラムのおすすめポイント

以下のスキルが期待されます。

  • 日常会話レベルの英語力
  • インド文化・社会への理解
  • NGOの運営について

住み込みでボランティアを経験して、福祉施設の方々と共に生活することにより、インドのソーシャルワークの現状を学んだり文化や生活様式を理解することが出来ます。