提携先のDivineChildren’sHome(孤児院)に訪問してきました。

こんにちは、G-internのインターンシップ担当スタッフのメグミです。 先日、G-internの提携先の1つ、DivineChildren’sHomeを訪問してきました。 DivineChildren’sHomeは私達のオフィスのある、南インド、ケララ州トリバンドラムにある孤児院です。親のいない子供や、親に養育能力がない子供を受け入れて擁護している施設です。 オーナーのAliceさんが運営をされていて、裁縫仕事や外部からの寄付金で生計を立てています。 オーナーのAliceさん 現在、4歳から17歳までの子供達、約40名が一緒に生活をしているそうです。私が訪ねた時間は、子供達が学校に行っている時間だったので、子供達には会うことは出来ませんでしたが、施設内を案内してもらいました。 玄関を開けると、大きな多目的ホールがあります。ここで、みんなで食事をしたり、遊んだり、テレビを見たり、出来るようになっています。2階には子供達のお部屋があって、廊下には勉強机がズラッと並んでいました。 多目的ホール。食堂・集会場・遊び場   キッチンはとても広い作りになっていて、料理のスタッフだけでなく、子供達もみんなで協力しながら準備をしている様子が伺えます。 キッチン Aliceさんは、毎年日本に学生さんにこの施設でのプログラムに参加してもらっているために、子供達はいくつかの日本の遊びや日本語を知っているのよ、とおっしゃっていました。そして、それが子供達にとってとてもいい思い出になっているそうです。 このDivineChildren’sHomeで、子供達のお世話やスタッフのお手伝いをしてもらえるボランティアプログラムを通年を通して募集しています。どうぞ宜しくお願いします。